脇汗が出やすいと気にしているセフレの脇はおいしいです

脇汗が出やすいと気にしているセフレの脇はおいしいです

脇汗というのは、なかなか厄介です。主に緊張した際にかきやすくなりますが、その量はかなりのものでして、とくに多い人は服の上にシミができるほどかいてしまうでしょう。このため、専門の治療を受けることもあります。

「人間なら汗くらいかくだろうし…」と考えるかもしれませんが、それは主に男性の意見です。女性はこういう身だしなみに人一倍気を遣うため、脇汗が多い人は専用のパッドを装着したり、或いは先ほども書いた治療を受けたりするのですね。

また、脇汗はほかの部位の汗と違って臭いやすいという特徴もあり、脇汗が多いせいで体臭ケアも難しくなります。汗をかいた直後ならそんなに臭いませんが、時間が経過するとかなりきつくなるため、いろんな意味で苦労させられるのです。

しかしながら、女性の脇汗に性的な興奮を覚える男性もそれなりにいます。そもそも最近は女性の脇にフェティシズムを感じるのも普通になってきているので、「脇汗はむしろフェロモンの塊では?」と思う人もいるでしょう。

実は私も脇フェチなので、脇汗は大好物でした。多くの女性は「汚いし臭いよ…」と恥ずかしがるものの、私はこの匂いが大好きですし、脇汗の味も好物です。変態的な発言が続くかもしれませんが、興味があればお付き合い下さい。

そもそも、人間の脇が臭いやすいのには理由があります。よく『臭いものほどかぎたくなる』と言いますが、実は脇の匂いは異性を誘うフェロモンが含まれているため、臭いとは思っていても興奮するのは自然でしょう。

私のセフレも脇汗が出やすいと気にしている女性ですが、私にとっては理想的な相手でして、会う度にその脇をしっかりと味わっています。セックスが進むほど脇から汗が出てくるのですが、それを舐めるのもプレイの一環ですね。

脇汗が出やすいおかげで舐めても舐めても汗が噴き出てくるため、いくらでも味わうことができます。セフレは毎回恥ずかしがるものの、脇を舐められるという変態的なプレイに感じてしまうのか、挿入しながら舐めるといつも締め付けてくるのです。

まるでコンプレックスを刺激するかのようなプレイですが、セフレは脇汗を好む私を拒絶することはなく、むしろ少しだけ自信がついたのかもしれません。セックスのとき以外は堂々としているし、脇汗をかいても慌てることはなくなりました。

「脇ってそんなにいいものなの?」と気になったら、一度は味わってみるべきでしょう。よほど不潔にしていない限り、病気の心配もありません。

カテゴリー: 体験談

脇汗が出やすいと気にしているセフレの脇はおいしいです へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ