神待ち女性は耳や腋を舐められて感じる人でした

神待ち女性は耳や腋を舐められて感じる人でした

AVを見ていると、「これは今度のセックスで役立つかも…」というテクニックを身に付けることができます。『AVの猿まねをすると女性が嫌がる』というのは有名な話ですが、それでも役立つ部分も存在しているため、自信がない人はオナニーのついでにAVを見て勉強するといいでしょう。

AVで真似すべきではないとされるのは『激しい指入れ』でして、これは痛がることが多いです。女性は激しいのよりも焦れったい程度の刺激を与え続けるほうが気持ち良くなるので、『フィニッシュ以外は激しい動きは必要ない』と思っていいでしょう。

じゃあどんなシーンなら参考になるかですが、『相手の体を舐めるシーン』はなかなかオススメです。舌による愛撫は相手の体を痛める心配がなく、それでいて適度な刺激を与えられるため、「ほうほう、ここを舐めるといいのか…」と勉強になるでしょう。

女性を舐めると言えば胸やアソコを思い浮かべるでしょうが、ほかの部分でも効果はあります。とくに最近のAVはマンネリ打破のためなのか舌を使っていろんな場所を刺激しており、耳や腋は舐められることも増えたと感じるでしょう。

耳も腋も性感帯っぽく見えないかもしれませんが、女性の体は男性と違って特殊であり、こうした部位でも気持ち良くなれます。耳はともかく腋は恥ずかしがる人が多いですが、普段はなかなか刺激されることのない部分だけあって、舐めてあげるといいリアクションを見せてくれるでしょう。

もちろんこうした部分では感じにくい女性もいるので、反応が全然なかったり嫌がられたりしたときはすぐに切り上げてください。何度も続けることで感じるようになる場合もりますが、セックスはお互いが楽しまないと意味がありません。

幸いなことに、この前セックスをさせてくれた神待ち女性は耳や腋で感じられる人だったから、たくさん舐めてあげました。腋については恥ずかしがっていたものの、舌の感触が気持ち良かったのか、アソコもしっかりと潤っていたのです。

腋という部分は処理が難しいため、そのまま腋毛を残していたり剃り残しがあったりすることも多いです。ただ、この神待ち女性はなかなか几帳面だったようで、綺麗な腋をしていました。だからこそ、丁寧に舐めたくなるのですね。

腋は匂いや味が濃いめですが、お風呂のあとならそこまで気になりません。セックスを続けていると汗をかくでしょうが、それくらいでは臭うこともないため、初めて舐める人でも安心でしょう。

耳や腋で感じる神待ち女性の姿は、とてもいいものでしたよ。

カテゴリー: 体験談

神待ち女性は耳や腋を舐められて感じる人でした へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ