妻とのセックスにマンネリを感じていたからセフレ掲示板で相手を探してまぐわってきました

妻とのセックスにマンネリを感じていたからセフレ掲示板で相手を探してまぐわってきました

妻とのセックスにマンネリを感じ始めたら、倦怠期の合図です。新婚の夫婦はいつまでも仲良くしたいと願うものですが、どんな夫婦でも衝突は避けられないように、お互いを男女として意識できなくなることもあります。

もしもマンネリに陥っていて性欲もかなり衰えているなら、無理にセックスしなくてもいいでしょう。セックスというのは楽しむことが第一であり、つらいと感じつつ行うのはある意味仕事をするよりもきついでしょう。

問題は『性欲はあるけど妻としても楽しくない』という状態で、こうなると大変厄介です。性欲があるということはセックスしたくなるのですが、その相手である妻には魅力を感じにくいわけで、「どうすればいいんだ…」と悩むかもしれません。

そんな人のために風俗がある…と言いたいところですが、家族がいればなにかとお金がかかるため、風俗にお金を割くことは難しいです。私も若い頃はそういうお店を使ったことがありましたが、結婚してからは小遣い制になり、「こんな金額じゃ風俗に行けない…」と悩んでいました。

しかし、セフレ掲示板を見つけたことで私は救われました。ここで相手を探してまぐわったらこれまでにたまった性欲も綺麗さっぱり解消されまして、悩みが1つなくなりました。ほかの悩みだってありますが、性欲が解消されたら気分も楽ですね。

なお、妻とマンネリに陥った原因ですが、やっぱり似たようなセックスしかしないことでしょう。妻はさっぱりした性格で付き合いやすいタイプですが、セックスについてもさっぱりとしており、さっさと終わらせたがる傾向が強いのです。

最初はそれでも満足できていましたが、やがてもの足りなくなるのは明白でしょう。そしてマンネリに陥った私は「違う女性とやってみたい…」と思うようになり、先述のセフレ掲示板を使うことになりました。

セフレ掲示板がどんな場所なのかは、わざわざ説明する必要もないでしょう。ここでは男女がセックスの相手を求めて書き込み、意気投合すれば会ってセックスができます。そこに結婚しているかどうかというのは関係なく、私みたいな既婚者もたくさんいました。

妻とのセックスと違い、セフレとのまぐわいはとても気持ちいいです。内容自体は特異なものではありませんが、やっぱり相手が違うだけで全然楽しさも異なり、1回出しても萎えることはありませんでした。

妻のことは大切ですが、セックスにおいてはセフレとするほうが楽しいので、そういう相手も大事にしたいですね。

妻とのセックスにマンネリを感じていたからセフレ掲示板で相手を探してまぐわってきました へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ